■プロフィール

なこまま

Author:なこまま

我が家に、初めての女の子が生まれました。
毎日ちょっとずつ成長しています(^^)

このブログの登場人物
 主人公: なーこ (なーちゃん)
 兄 ① : ゆうと
 兄 ② : じゃっちゃん (とど)
      ↑2人まとめて「ゆうとど」
 その他: パパ、ママ (私)、etc


*script by KT*
■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■来てくれてありがとう!

since:2007.9.8.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
扁桃腺摘出、その後
長らく放置しました・・・
手術当日からの記事も、思い出せる限り書きましたので、参考になれば。

娘の扁桃腺摘出は、熱を出すから…ではなく、いびきがひどく、睡眠時無呼吸になりそうだったので行いました。

摘出してから3年近くたちます。
今では、いびきも落ち着いています。
ごくまれにいびきをかいていますが、苦しそうないびきではありません。
熱も相変わらず出しません。
至って元気!

ときどき、扁桃腺があった部分が痛いといいます。
風邪の引きはじめなのかな?
でも、熱を出したりということはありません。
私はしっかり扁桃腺があるので、娘のその痛みの訴えの意味がわからず、ちょっと困ります・・・

最近になって思うのは…
口臭の原因にもなる膿栓(臭い玉)は、扁桃腺にできるんですよね。
ということは、扁桃腺がないこの娘は、膿栓ができないのでは…
うらやましいと思うのでした。

結論として、扁桃腺を取ってよかったと思います。
小さい子の体(喉だけど)に、全身麻酔をしてメスを入れるって怖かったですが、
娘はとっても元気です。

お子さんの扁桃腺について、悩まれる方は多いと思います。
お医者さんとしっかり話し、よい結論が導き出されることを願っています。

スポンサーサイト
扁桃腺摘出手術の記録 | 23:43:30 | Trackback(0) | Comments(0)
扁桃腺摘出手術。退院!
入院からちょうど1週間、手術から6日。
やっと退院です!
退屈していた娘、とってもご機嫌♪

20140226_01.jpg

帰宅後は大好きなイチゴと、チョコのケーキが食べたいというので、
ママは作りましたよー。

20140226_06.jpg

1週間お疲れ様でした、なーこ!!!

扁桃腺摘出手術の記録 | 23:40:05 | Trackback(0) | Comments(0)
扁桃腺摘出手術。術後3日目。
2014年、2月19日、扁桃腺摘出手術をした入院したなーこさん。
翌日には柔らかい大根のおみそ汁など固形物が食べられるようになってびっくり!

-----------------------------------

2月22日は、小児病棟にボランティアさんが来てくれて、遊んでくれたそうです。
風船の腕輪?をもらってご満悦!

20140222_05.jpg
そして、どら焼きを食べられるまでに。

この日、やっと天敵点滴が外れました。
点滴が外れたので、売店までのお出かけ許可も出て、スキップでご機嫌の娘です。

20140222_12.jpg



扁桃腺摘出手術の記録 | 23:24:48 | Trackback(0) | Comments(0)
扁桃腺摘出手術。術後1日目。
さて扁桃腺摘出手術から一夜明けたなーこさん。

20140220_000.jpg

まだちょっと顔が腫れてる?
でもかなり元気になりました。

なーこが入院した病院は、ワンセグやDVDプレーヤーの持ち込みOKなので、思う存分テレビやDVDが見られてご満悦www

食事はというと…

20140220_00.jpg

昨日手術したばかりなのに、もうこんなものが食べられるの!?とびっくりの母でした。

午後には私の弟信ちゃんがお見舞いに来てくれて、さらにご満悦デシタ。

扁桃腺摘出手術の記録 | 23:17:14 | Trackback(0) | Comments(0)
扁桃腺摘出手術。手術当日。
そういえば、入院当日のブログに書いていなかったのですが、こんなやりとりもありました。

バレエを習っているなーこさん。
2年連続で皆勤賞をいただいたので、今年もほしいなーこは、今回の入院で皆勤賞を逃すのが惜しくて仕方ない。
入院は1週間なので、バレエの後に入院し、1週間後の退院をちょっと早めにしてバレエを見学すれば、皆勤賞getできるかも?と画策していました。
入院の事前に受けた説明では、入院当日は、術前説明が終わればお夕飯まで外出OKといわれていたので、
ならば、バレエのある火曜日に入院し、外出時間にバレエに行けば、ロスが少ない!
皆勤賞逃さないで済むかも~!
…なんて話しておりました。

だがしかし!
外出OKは大人の入院の場合の話で、小児科はNGでした・・・
泣いて泣いて、そりゃあ、もう、大変でした。
致し方ないよね~

***

さて。
朝イチで手術になったなーこさん。

朝イチ=8:40くらい。

なので、
夜中の0時から水以外の飲食はダメ、
朝6時半からは水もダメ。
もちろん、朝ごはんも食べられません。

ちょっと緊張している娘、
だけど、看護師さんやお友達からのメールで頑張れってたくさん言ってもらって、肝は座った感じです。

で、時間になって、看護師さんとともに病室から手術室のあるフロアへ移動。
緊張MAXの娘!

手術室のフロアでは、手術を担当してくださるスタッフのみなさんが一人ずつ挨拶してくれ、なーこに頑張ろうねって声をかけてくれました。

たまたまらしいけど、スタッフ全員女性! 執刀医も麻酔科医も女性!

嬉しいやら恥ずかしいやらで、緊張よりも照れまくっているなーこさん。
そのまま、スタッフに手を引かれ、笑顔で手術室へ入って行きました。


……

あれ、私も手術室に同伴するはずじゃ???

なんかご機嫌で行ったから、まぁいいかー?


手術は、この別れあとに麻酔をかけるところからスタート。
手術そのものは一時間くらい、麻酔を冷ます時間を加味して2~2時間半くらい。
なので11時ごろには終りますと聞いていました。


手術の間、仕事することにした私。

ところが、なんと10時過ぎには手術がおわり、10時半前には病室に戻れると連絡があり、慌てて仕事から戻る私(^^;;
終わるの早くね!!??

パパがなーこに付き添っていたものの、パパでは役に立たないらしく、
私が病室に駆けつけた時には、ギャン泣きの娘でした~

あちゃー。
ごめーん。

なーこの扁桃腺は、炎症を繰り返したりしていなかったので癒着もなく、
手術予定時間の半分の30分で、するりと取れてしまったそうな。

20140219_003.jpg
顔と唇が腫れています。

摘出した扁桃腺を見せてもらいましたが、大きい!
こんな大きなものが、子供の喉についていたら、そりゃあイビキがすごいよなぁ・・・といった感じです。

当日はプリンとかおかゆとか、柔らかいものを食べたなーこさん。
でも、やっぱり喉が痛むようで、そんなに食べられなかったなー。

20140219_01.jpg


扁桃腺摘出手術の記録 | 22:47:43 | Trackback(0) | Comments(0)
扁桃腺摘出手術。入院。
入院当日。
私は朝、バイトがあるので、普通に保育園へ行った娘です(^^;;
保育園へお迎えに行き、先生たちに行ってらっしゃい、がんばってねと応援され、俄然張り切る!?娘です。

で、
午前11時。
病院の入院受付で手続きをし、入院しました。

病室にて、一通りざっくりと入院中のことの説明を受けました。

入院中は、診察など必要な時以外は小児科エリアから出ては行けないし、できるだけ病室からもでちゃダメ、とか。

食べ物の持ち込み禁止、付添人の食事も病室内では禁止。とか。

ナースステーション前に本棚があるから自由に見ていいよ、とか。


お昼ご飯の時間を挟んで、

麻酔科の医師から手術の説明を受けて、手術同意書にサイン!
次にオペの看護師さんから、手術室入室から麻酔で眠るまでの一連の流れを、丁寧に教えてもらいました。
イメージがつきやすいように、写真や実物を用いて話してくれたので、手術本番に娘がびびってパニクることはなさそう。
さらに、子供の心情を汲み取って、麻酔で眠るまでママに付き添ってもらおうね、とか、麻酔から覚める時はそばにいてもらうようにしようね、とかも話してくれて、娘の緊張もややほぐれた様子。

耳鼻科でもう一度手術の説明を受け、こちらでも手術の同意書にサイン。
この時の説明で、扁桃腺ってまるまる薄い膜のようなもので覆われているって、初めて知りました。
ざっくりといえば、粘膜と筋肉に張り付くようにして、喉にくっついているらしい~。それを、レーザーなどを使って剥がしとるんだって。

説明を受けている間、ふむふむとおとなしく聞いていたなーこです。

移動中は、なぜかスキップ!
ご機嫌な模様…


病棟は夜8時に面会時間が終わるので、それまでに娘を寝かしつけます。
帰らないで~と泣いて騒ぐかと思いきや、わりとあっさりしていて、拍子抜けしてしまいました。


いよいよ明日は手術。
ドキドキです。


ちなみに、なーこが気にしていた同室のお友達ですが、
中学生の男の子が一人。
ありゃ。
残念(笑)






扁桃腺摘出手術の記録 | 23:36:18 | Trackback(0) | Comments(0)
お友達ができる?
扁桃腺摘出手術をすることにしたなーこ。

もちろん、入院、手術は嫌だと抵抗していましたが、観念した様子。

騒ぎ立てられても困るのでしばらく話題に出してなかったんだけど、
なーこからもその話題に触れてこないので、
まさかやらないことになったと勘違いしてないよね?と思って確認してみたf^_^;)

忘れてなかったみたい。
あまり思い出したくはない様子だけどねf^_^;)


お部屋に他の子はいるのか、となーこに聞かれたので、
四人部屋だから他にもいるかもね、と話すと


「じゃあ、お友達できるかも♪」


なんて素敵なポジティブ発言!

母はびっくりしたのでしたwww

扁桃腺摘出手術の記録 | 23:39:28 | Comments(0)
術前検査
扁桃腺摘出手術を受けることにしたなーこ。
お医者さんにその旨を話すと、入院、手術に向けて、話が進み出しました。


入院、手術について。

見てくれた女医さんが手術もしてくださるので、女医さんの手術予定の空いているところで予約してもらいました。


手術の前日に入院し、麻酔科医の説明を受けるそうです。
説明が終われば、お夕飯まで外出もおっけー。

入院は小児病棟。
小児病棟は流動的な場所らしく、感染症などの関係で、親でも立ち入り不可になることもあるらしい…
なーこさん、大丈夫だろうか(・_・;

手術当日は、朝から小さい子順で進めるそうで、
もしその日、なーこの担当医が行う手術の中で、なーこが一番小さい子なら朝イチで手術開始になります。

手術は1時間くらいだそうですが、
全身麻酔をかけるのと、術後に覚ます時間を入れると全部で2時間くらいになるそう。

術後、当日のお夕飯から食べられるそうです。
まぢか!!はやい!

退院は、術後一週間が目安。
経過によって前後するらしい。



術前検査について。
また来るのも面倒なので、やってもらいました。

採血
血が止まる時間を調べる検査
おしっこ採取
レントゲン
息を吐く検査
心電図

血が止まる時間を調べる検査が、
ま~、痛い!見てる方もめちゃくちゃ痛い!
耳たぶを引っ掻いて…と説明を受けていたけれど、
引っ掻くなんてかわいいものじゃなかった…
ぐさっぐりっと太い針を刺して…刺すというよりねじ込んでた>_<

血が垂れてくるので、コップの下にしくコースターのような見た目の紙で受け止め、時間を測って血の点々をつけていくのだね。

この検査が一番可哀想だったなぁ…



最後に入院受付で予約をして、今日はおしまい。


11時の診察予約から、全部終わったのは14時前でした。

意外と早かったね。

扁桃腺摘出手術の記録 | 23:32:47 | Trackback(0) | Comments(0)
扁桃腺摘出するよ
ものすごーく久々の更新です…
書き留めておきたいことはいろいろあったのだけど(^^;;

さて、なーこさんが入院することになりました。
扁桃腺を摘出するのです。

扁桃腺を腫らして高熱をよく出す子がいますが、
なーこさんは全く熱を出しません。

でもね、いびきがすごいんですよ。
苦しそうないびきをしている時期があって…近所の耳鼻科を受診したら、

扁桃腺を取った方がいいかもねぇ

という、なんともふわっとしたお答え(汗
詳細は大きい病院で聞いた方がいいや(・_・;



紹介状を書いてもらって、大きい病院を受診。

すると、
扁桃腺の大きさは3段階で評価するんだそうですが、
なーこはMAXの3。
扁桃腺が喉の3分の2を占めていました…。

扁桃腺摘出手術は、
よく高熱を出す
扁桃腺が大きすぎる
のどちらかが当てはまると適用だそうです。

なーこは大きい方に引っかかったわけ。

とはいえ、めちゃめちゃ大きいなーこの扁桃腺ですが、
この大きさでも摘出しない人はいるらしい。

扁桃腺が大きいと、本来の空気の通り道が狭まるので、影響がある人もいればない人もいる、ということらしい…

それに、扁桃腺って、本来いずれ小さくなるもの。

いびきがすごいだけで、全身麻酔の手術って…ちょっと怖いよ>_<


…てことで、お医者さんには手術を勧められましたが、即決できなかった私。
もう一回診察予約を入れてもらい、その時までに決めることにしました。


整理すると、

なーこの状態
・扁桃腺がかなり大きい
・いびきがすごい
・4月から小学生。入院するなら今!

私も
・私も扁桃腺が大きめ
・今でも大きい方らしい


いびきが扁桃腺のせいである可能性はかなり高いけど、必ずしも扁桃腺のせいだけではないかもしれないので、
扁桃腺を摘出してもいびきはおさまらないかもと医師。

いびきがなぜいけないかって、
睡眠を妨害するから。
妨害されると成長に影響がでたり(なーこは体格がいいのでそれはない)、日中眠くなって学業に影響が出る可能性がある。

扁桃腺は中学生くらいまでには小さくなるので、もしかしたら手術しなくてもいいかもしれない。
だけど、私も扁桃腺が大きめなので、遺伝的にあまり小さくならないかも(ー ー;)

扁桃腺摘出後、傷痕はそのまま。
例えばお腹の手術なら縫って傷を塞ぐけど、扁桃腺を摘出したところは縫わない。
大きくなってから取ろうとしたら、術後が大変らしい…恐ろしや!
小さいうちは傷の治りも早いし、大きくなってからの手術よりはるかにいいらしい。

扁桃腺摘出手術は耳鼻科的によくある手術なので、リスクが少ないらしい。


以上から、手術することにしました。



熱を出すから扁桃腺を取りましたっていう記事や書き込みはよく見るのですが、
熱は出さないけど取りましたって記事がなかなかないので、
このブログで様子を書いてみようと思いました。



手術…怖いよ~

扁桃腺摘出手術の記録 | 23:10:21 | Trackback(0) | Comments(0)
マクロミルへ登録

Powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。