■プロフィール

なこまま

Author:なこまま

我が家に、初めての女の子が生まれました。
毎日ちょっとずつ成長しています(^^)

このブログの登場人物
 主人公: なーこ (なーちゃん)
 兄 ① : ゆうと
 兄 ② : じゃっちゃん (とど)
      ↑2人まとめて「ゆうとど」
 その他: パパ、ママ (私)、etc


*script by KT*
■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■来てくれてありがとう!

since:2007.9.8.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お葬式
生後3y6m26d

15日に私の祖父(こどもたちのひいおじいちゃん)が亡くなりました。
92歳…93歳まであと1ヶ月ほど、というときでした。

で、昨日はお通夜、今日は告別式です。
昨日のお通夜は家族全員で出席し、パパとゆうとどは帰宅。
私となーこは実家に一泊して告別式にも出席してきました。

告別式の今日は、ものすごくいいお天気で、おじいちゃんにとっていい旅立ちの日になったかな。

20101119_01.jpg

おじいちゃんはとってもきれいなお顔で、今にも起きだしそうだったなぁ。
お葬式もとても立派で、たくさんの方が参列していました。
こんなに親戚がいたのかとびっくり。

なーこさんは、ずっといい子でした。
が、お坊さんがお経を読むときには、私の膝の上でいびきをかいて寝始め・・・お焼香をするのに、弟になーこを預けた途端に目を覚ましたそうです。
私がいなくて泣きそうになったけれど、声を殺していました。
空気を読んでエライ!!

20101119_04.jpg
みんなにいいこだね~とほめられて、嬉しいなーこさん。

ところで、
火葬ってなんだか切ないですね。
骨と灰だけになって、ほんのちょっとになっちゃう。
亡くなったことよりも、骨壷に押し込められている姿の方が、悲しかった。

祖母が亡くなったとき(もう20数年前)は土葬でした。
そのときは自宅で葬儀を行い、みんなで墓地まで棺を担いで行っていた記憶があります。
深い穴の中に棺が納められ、土をかけられていく様が、子供心にとっても怖かったなぁ。
それでも、遺体に手を加えられない土葬の方がいいなぁと思いました。
あ、そんなこと書くと移植NG派かと思われそうですが、移植や献体は活きるのでいいと思ってます。

まぁ、衛生上の問題や条例がらみなんかで、日本で土葬はなかなか難しいみたいだから仕方ないっちゃ仕方ない。


お盆には、おじいちゃんのお墓にお参りに行きたいな。
スポンサーサイト


実家 | 23:11:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マクロミルへ登録

Powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。